下半身はなかなか痩せにくい場所。そんな下半身ダイエットに挑戦するときのヒントや注意点を考えてみました。

下半身ダイエット

下半身ダイエット
■HOME

下半身のダイエット

下半身のダイエットをしたいなら、下半身の運動がいいでしょう。ダイエットといえばたくさんの方法がありますが、他の方法で挫折した人にも試す価値のあるダイエットです。

ジョギング、縄跳び、スクワットは下半身の筋肉を使うことが多い運動ですので、特におすすめです。関節に重量がかからないように、無理をしない範囲で運動をするといいでしょう。

腰周りや、膝、足首ながの関節に負担が及ばないように配慮することも必要になります。体の負荷がかかりすぎないような運動を、適度な回数実践することによって、ダイエットが可能です。

最初に筋肉を使う運動を行い、途中でランニングのような有酸素運動にすることで、ダイエット効率を高めることができます。有酸素運動によって、脂肪が筋肉に変わりやすくなるので、運動の効果が効率的に現れます。

脂肪は体のいろいろな場所に蓄積されますが、運動などをすることで、筋肉に近い位置にある脂肪から使われてなくなっていきます。太ももや足首などに脂肪はついていますが、足には筋肉も多いことから、脂肪の消費速度は速くなります。

自分の体調や体力と相談して、無理がかからない程度にダイエットをすることが、長続きのコツです。ダイエットを長く続けることができれば、リバウンドのリスクも少なくなりますし、細い体を維持しやすくなるものです。

下半身痩せ

足の太さを気にして、下半身痩せに取り組む方は多いようです。

ダイエットに取り組んでも、下半身は効果が出にくい部分なので、途中で挫折してしまうことも多々あります。シェイプアップさせたくても下半身が細くならないのは、むくみやすく、筋肉が少ないためです。

ダイエットが思うようにいかない理由の一つに、筋肉が弱くなってカロリーが使えていないことがあります。下半身がむくんでいると、血液やリンパ液のめぐりが悪い体になって、いくらダイエットをしてもなかなか効果が出ない状態になっています。

シェイプアップしやすい下半身になるためには、筋肉を増やし、血流やリンパの流れをよくすることで、カロリー消費量を多くすることです。むくみとは、血流や、リンパ液がきちんと流れなくなったことで、水分や、老廃物が細胞内に留まっている状態です。

夕方になると靴がきつく感じたり、脚が重苦しい不快感に見舞われるのは、重力により水分や老廃物が体の下の方に下がってきていることが原因です。

筋肉がしっかりついていると、下半身に集まっている水分や老廃物の流れを促進することができます。足の筋肉を使う運動をすることで、筋肉量を増やすことが可能です。

おすすめはスクワットや、ウォーキングなどです。筋肉量が増えれば基礎代謝量も上がり、消費カロリーがアップするので効率的に痩せることができます。積極的に体を動かし、むくみ解消と筋肉増幅をはかることで、下半身のシェイプアップをしましょう。

メニュー

リンク

Copyright (C) 2014 下半身ダイエット All Rights Reserved.